随分と間が空きました(松の内も終わってる)が、新年あけましておめでとうございます。ていうか1月すら終わるやん・・・
まあいいや、今年も当同好会をよろしくお願いします。

さて、まだ夏の分がはけてないので引き続き夏の記事を上げます。
コミケが終わり、自分達のブースの片づけを終えて、他のメンバーたちが打ち上げへと向かう中、バスを撮影してそのまま家に帰った自分ですが、そのあとすぐに荷物を持ち換えて東京駅へ向かいました。
すぐに新幹線に乗らないといけなかったので(乗る電車の時間も決まってましたし)、ちょっとインターバル挟んで出かけるという忙しい日でした。乗ったのぞみはN700系オサG26編成でした。
P2000310
P2000311
道中東京駅で買った駅弁を実食です。あぶらぼうず伝説。小田原だったかな、の駅弁で、アブラボウズの幽庵焼きがご飯の上に鎮座ましましている弁当です。アブラボウズはギンダラの仲間の深海魚(結構知られてないことですが、ギンダラってタラの仲間じゃないんですよね。タラはマダラやスケトウダラなどのタラ目タラ科に属する魚の総称ですが、ギンダラはカサゴ目ギンダラ科の魚で、タラよりもむしろカサゴに近い種類です。とは言え、見た目はカサゴよりはタラの方が近く、ギンダラ科自体にもギンダラとアブラボウズしか属さないというかなり妙な魚です)で、かなり大きな体と脂ののった身が特徴です。脂がのりすぎているために量を食べると腹を壊すという(とは言ってもバラムツとかほど酷くはないです)、割とアレな魚ではありますが、身自体はかなり美味しく、普通に食用になります。ということで、アブラボウズはずっと気になってた魚ですが、食べる機会がなかったのでこの際に食べてみようということになりました。いざ食べてみると、まずはやっぱり脂がのってます。弁当なのにパサつかずしっとりとした身で、脂の旨味がすごい。この旨味が極上で、勝手に箸が進みます。下のご飯も薄めに味がついていて、さっぱりと、でもふんわりと包み込んでくれるような味。正直びっくりするぐらい旨かったです。今まで食べた駅弁の中でもトップクラスかもしれない。これはほんとにお勧めします。是非食べてほしい。
P2000313
P2000314
さて、食後は期間限定のシンカンセンスゴイカタイアイスのマンゴー味をいただきます。結局いっつもちょっと置いて食べるので、そんなに固い思いはしてないんですよね。爽やかなマンゴーの香りが口いっぱいに広がります。スジャータのこのアイスの期間限定シリーズって結構毎度レベル高いんですよ。前はいちごとかも食べましたけど、やっぱりフルーティでおいしかったです。
さて、そんなこんなで新大阪に到着。
P2000318
P2000319
こんな時間ですよ。もう回送ばっかり。まあ出たのが遅かったですしね。
P2000320
向かいにいた207系の種別幕が壊れてました。更新車でも壊れるときは壊れますね。最近たまに221系とかで壊れたときに幕自体取っ払ったまま運用入ったりするみたいなんですけど、あれはまだ見たことないですね・・・
さて、大阪まで1駅だけ普通電車に乗ります。207系アカS47編成とH13編成でした。
P2000321
日根野快速の時間・・・ド深夜なんですよねこれ。
さて、ここからさらに阪急電車に乗っていきます。
P2000322
ほぼ終電。なんか終電観測やってる気になって来ました。もう第三の男も流れてます。この時間は流石に初めてですね・・・
P2000323
1号線には夜間留置でSDGsトレインの1300系1307Fがいました。ホーム端の七夕飾りと共に。
P2000324
まあ留置車がいたらこうなりますよね。1号線は基本的に特急ばっかりなので結構終電が早めです。
P2000325
その横に入ってきた快急は9300系の9309Fでした。
P2000326
5号線にもある七夕飾り。こっちは8000系8005Fが入ります。
P2000327
P2000328
神戸線と宝塚線の終電付近はこんな感じ。
P2000329
さて、この日最後の急行には5100系5106Fが入りました。これが雲雀丘花屋敷より先に行く終電なためか、終電特有の発車メロディの最後の音が長く伸びるメロディがなりました。実際これが雲雀より先に行く最終っていうのを結構アナウンスでも言ってましたね。
P2000330
自分はこっちに乗ります。9000系9010Fの普通。9000系ではラストナンバーです。
P2000331
P2000332
梅田とか石橋とかの表示を撮るのは最後だと思ったのでついでに撮りました。今はもう大阪梅田とか石橋阪大前に変わってます。
この日はこれで目的地まで向かって終了です。
さて翌日は、昼間まで用事があったのでそれを済ませた後出撃です。
まずは十三まで出ます。1000系1012Fでした。
十三からは特急で高速神戸へ。7000系7008Fでした。
P2000335
高速神戸で電車を待っていると5001形の5025Fが入ってきました。5001形も遂に置き換えが発表されちゃいましたね。武庫川線の赤胴車と共に、青胴車も遂に終焉を迎えます。結構阪神電車に乗るとよく見てただけに寂しいものがあります。
さて、来た電車は8000系8235F。これに乗って向かうのは須磨です。
P2000336
別にバス撮りに来たわけじゃないです。でも見えちゃったら撮りたくなっちゃうじゃないですか。神戸市営のKL-MP35の松820号車です。ワンステ車特有の濃い緑がいいですね。個人的にこっちの色の方が好きです。この局は基本的にエアロスターのクーラーをデンソー薄型で入れるので結構特徴的です。だからバスコレ化されないのかな・・・
P2000339
と、6000系6101Fがやってきました。直通特急とかにも入るようになって、かなり汎用車としての活躍が目立つようになりました。
P2000340
P2000342
Meet Colors! 台湾号の5000系5010Fがやってきました。これは撮りたかったので来てくれたのは良かったです。高校野球サボ付き。いやしかし、望遠レンズ置いてきちゃったのがかなり痛かったです。望遠あればもっとマシなの撮れるんですけどねここ。
P2000343
クソザコ写真ですが、中々写真に納まってくれない少数派9300系が来たということで。9505Fです。
P2000344
8000系の8249Fが来ました。これ8000系のラストナンバーなんですよね。8000系の編成単位では唯一、震災後に製造された編成です。今年で25年ですね。自分はまだ生まれる前でしたが、小っちゃい頃から時々神戸港の保存地に行ってたので子供ながらに怖いなというのはありました。
P2000345
ここで自分が山陽電車の車両の中で一番好きな3050系の3054Fが来ました。3050系では3本のみ該当した未更新車で、つい先だって6000系に置き換わって3編成とも廃車となってしまいました。復刻塗装になった3030Fよりずっと早いお別れです。因みにこの日は3030F狙いだったんですが、結論から言うと来ませんでした。まだあと2年ぐらい走ると思うので、気長に見ときます。
P2000346
ここって神姫も来るんですね。新型エルガの3281号車。LV290系では最初期のグループに当たる平成28年式の車です。
P2000347
9505Fと5000系5012Fの並びです。
P2000348
またも市営のKL-MP35の落233号車。ここは経年車が意外と多いようです。
P2000349
P2000351
続いて滑り込んできたのは6000系6010F。6000系では初の4連車となった編成で、これによって4連車グループである3050系初期車が置き換えられました。多分置き換わったのはこの3本の中で一番早く廃車になった3052Fだと思います。実はこの時初めて営業運転に入ってからまだ1週間もたってなかったようで、ほんとにピカピカの新車でした。これを撮ってる時にはそんなことはつゆ知らず、あれ、6000に4連車なんていたかな、珍しいな、ぐらいしか思ってませんでした。そしてこの上の方の写真、これ3054Fとの並びなんて数か月しか見られなかったわけですから、結果的にかなり貴重な記録に。
P2000352
横には市営ブルハイの松708号車。何気にここで撮り始めてから初の市営ノンステ車です。
P2000353
今度は3000系3010F。冷改車特有の集中冷房がかなり目立ちます。こいつパンタ変えてるんでまだ走りますね。
P2000354
5000系5016Fです。ギリ後ろ切ってません。
P2000356
3000系3028Fが来ました。こっちは分散冷房車ですが、3000系なのでやっぱり冷改車です。初期の冷改車は分散冷房車だったんですよ。
P2000357
今度は市営のブルシチワンステの落823号車がやってきました。経年車だらけですね。
P2000358
こっちは8000系8221F。大阪方3両はクーラーが集約分散型のタイプⅢのトップナンバーですが、神戸方はクーラーがAU13のタイプⅡのセカンドナンバーなのでかなりアンバランスです。これも震災で被災したために発生した編成組み換えによるものです。
P2000359
3028Fが出ていきました。
P2000360
P2000363
と、急に現れた5002F。回送で来たので東須磨入庫かな・・・5000系の頭2編成は4連車で、三宮までしか来ません(回送だと大石か六甲まで)。前はかなり頑強なスカートでしたが、今は普通のに交換されてます。
P2000364
P2000365
そのあとをついてきたのは5000系初のリニューアル車となった5702F。いつだったか工場内に6000系みたいな色した5000系がいるっていう情報が流れて、すわ、5000系も遂にリニューアルか、みたいな話が流れたんですが、それからしばらく音沙汰がなく、あの話どうなったのってなってた矢先に出場、試運転をやっていつの間にか営業運転に入りました。未だにリニューアル2本目が出てない(入場編成すら出てない)ところを見るとなんかあったんでしょうか。
P2000366
8249Fは折り返し三宮止の普通になって帰って来ました。ちょっと前までこれ特急で、8000系に普通幕がないっていう理由で全区間各駅に止まる特急っていう変な列車だったんですが、無事普通幕が追加されて普通になってしまいました。
P2000367
P2000368
市営のHR、松860号車の横を市営のペチャノン、松825号車が抜けていきました。神戸のHRって雪国じゃないのにウインカーの位置高いんですね。なんかマーカーランプみたいのが付いてるのでこれの関係っぽいですね。神戸は関西の事業者(特に公営)では珍しく、普通のディーゼル仕様のペチャノンの純正車体を入れてたのでかなり特異な存在でした。今でもそれなりの数残ってるみたいですが、なんせKL規制車でも数の多く、三宮にも頻繁に顔を出すV8エルガと比べるとかなり見る機会が少なく、未だにまともな写真を撮ったことがないです。
P2000369
P2000370
8000系8227Fが来ました。
P2000371
今度は市営エルガの落294号車が来ました。
P2000372
5000系5014Fは海水浴ヘッドマークをつけてやってきました。毎年デザインが違うのをつけてますね。
P2000373
こっちは3050系3064Fです。鋼製車グループでもかなり末期の車。
P2000377
5002Fが普通で戻ってきました。ただの送り込みだったのかな。
P2000378
8000系8239Fが来ました。
そろそろ撮影を切り上げて戻ります。
P2000379
コンコースにはこんなのが。結構両駅間近いですからね。
P2000380
山陽電車の駅はこんな感じで小ぢんまりとしながら割と瀟洒な感じ。
P2000381
対するJRの駅はかなり質実剛健といった感じです。
ここからは快速で大阪まで帰ります。223系ホシV59編成とJ6編成でした。
P2000382
まあこの辺りで快速に乗ると大体兵庫の手前あたりで新快速に抜かされるんですよね。まあしょうがないです。
この後は梅田で晩飯を食べて阪急電車で帰りました。9000系9000Fでした。

さて、かなりほっといてしまいました。ちょっとまあ卒論とかあったんでね、時間がとれなかったのはあったんですけど、それにしてもちょっとこれ結構ヤバいですね・・・
正直、今かなり溜まってる記事いっぱいあるんですが、これ全部書いてると自分が卒業してOBになってもまだ書き続けないと終わらんレベルなんですよ(卒業できてれば・・・まあ多分大丈夫だと思いますけど)。なので、この先各記事を選んで、結局書かない記事を出すのか、それとも卒業後もしばらく溜まった分を書き続けるのか2択でかなり迷ってる所です。
とりあえず悩んでるうちにも書き進めはします。
てなわけで2日目に続きます。
それではまた。